CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
本だな
好きな本、大切に思う本を
すこしずつ並べていきます。
MOBILE
qrcode
OTHERS

ぱんせどフランセ

思いつくまま、たまに仕事のことなども。

福祉の現場に生きる人たちへのインタビューをもとに書いた
ルポルタージュ「日々を織る」も連載しています。
子どもの心に驚いた話
0

     

    子どもと大人の違いは、

    経験の多さや大きさの違いに

    他ならないのではないかと思う。

     

    経験というものには、

    暮らしの中での

    実際的で具体的な経験もあるだろうし、

    本を読み、話を聞き、

    周りの人々を観察するなかでの

    精神的な経験もあるだろう。

     

    五感を通じて

    日々、自分の世界を広げていく

    感受性と想像力と思考力と共感力。

    そういう経験を重ねて

    子どもから大人へと日々変化していく。

     

    その経験の質と量の違いが

    大人と子どもの違いである。

    人が成長するって

    そういうコトではないかと思う。

     

    そして子どもの成長ぶりに

    いつの間にそんなに…と

    どれだけ驚いてきただろう。

     

     

    少し前にも

    友人の子どもの話に驚き

    ちょっと感激したエピソードがある。

     

    4歳の誕生日を迎える少し前の男の子。

    パパと公園に遊びにいった時

    ドリーの人形が落ちていたのだそう。

     

    ”ファインディング ドリー”に

    繰り返し観るお気に入りのシーンがある彼は

    大のドリーファン。

    短い草が生えた土の上にぽつんとあった

    紫色のドリーの人形を指差して

    「これ、持って帰ってもいい?」とパパに聞いた。

     

    そこで子どものお願いに

    「いいよ」と答えながらも

    友人の胸にはひとつの疑問が生まれた。

     

    ドリーのことが好きな彼だが

    もっと好きなのが恐竜、

    なかでもT-REXの大ファンだ。

     

    そして、その時、公園には

    なんとドリーの人形のほかに

    T-REXの人形も落ちていた。

     

    そこで友人は、子どもに聞いた。

    「あそこにT-REXがあるけど、

     あれはいいのか?」

     

    すると、彼からこんな言葉が返ってきた。

     

    「あのT-REXはジャングルジムの

      すぐそばにあるだろ。

      あれはね、誰かが、

      ジャングルジムで遊ぶために

      あそこにちょっと置いたんだ。

      そして、そのまま忘れて帰っちゃったの。

      だからその子が、

      あのT-REXのことを思い出したら

      ちゃんと取りにくるだろ。

      

      でも、このドリーは、

      草の中にぽつんと落ちている。

      これはもう、思い出して

      取りに戻ってくる子がいないんだ。

      だからボクが持って帰っても大丈夫」

     

    迎えにくる持ち主がいるT-REXと

    忘れ去られたドリー。

     

    同じ公園に落ちていた

    2つの人形について

    そんな風に想像力を働かせ

    考えを巡らせていた

    もうすぐ4歳になろうとしていた

    彼のエピソードに

    ちょと感激をもって驚いた。

     

    小さな体に包まれた心の

    なんと広いことだろう。

     

    子どもというのは

    その柔らかな頭と心で

    計り知れない経験を日々積んでいるのだと

    あらためて教えられた。

     

    さて、お家にもって帰ったドリー。

    よい香りのするボディシャンプーを

    ふんだんに使って

    ちゃんと自分できれいに洗い上げたそう。

     

    小さな手で、雨風に晒されたドリーを

    ていねいに洗っている姿を想像して

    なんともあたたかい気もちになった。

     

    新しいお家で、

    きっとドリーは幸せだろうと思う。

     

     

     

    JUGEMテーマ:エッセイ

    | なんでもないけどステキな日 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |